金森進之介は詐欺師です

ついこないだ、僕の所にこんなメールが届きました。

僕のメルマガ購読者の方がメルマガに返信する形でメールを送ってくれたのですが、こんな感じ。

「金森進之介は詐欺師だ。どうせ他のネットビジネスで稼いでいる人間と一緒で情報弱者を騙してお金をだまし取っているんだろう。」

超ザックリまとめるとこれ。他にも様々な事が書かれていたのですがまとめるとこんな感じ。

今日は僕が考える詐欺師について、そしてこのメディアを読んでくれている貴方が詐欺師に騙されないための考えをシェアします。

1.何を「詐欺」というか?

まず、そもそも詐欺って何なんだ、という話です。小難しい話は抜きにして、イメージとしては「嘘を付いてお金を受け取ること」って感じです。

偽物のブランド物を「これは本物だよ!」と言って売るのは詐欺です。

偽物のブランド物を「これは偽物だよ!」と言って売れば詐欺ではありません。

つまり、「嘘を付いて相手をだます事」が詐欺になるわけです。※民法の規定が云々、ってのは細かくなるのでイメージでいいです。

お前の言ってたこととやってることが違うだろ!っと思って、実際に金銭の損失を受けたらそれは詐欺。金銭が発生しなくても言ってることとやってることが違ったら詐称になるんで、一歩間違えれば詐欺

残念ながらネットビジネスの世界では詐欺師、と呼ばれる人が多くいらっしゃいます。

僕も世間の評価としてはそういった片棒を担いでいる人間かもしれません笑

僕が思う詐欺ってのは

・明らかな嘘を付く

・現実的でない事を言う

・きれいな言葉で見繕う

の主に3つで、これを使って自分の商品やコンサルティングを売るのが詐欺なのかなーと勝手に思っています。

再現性のないノウハウをさも誰にでも出来るようなもののように見せたり、継続性のない物をさも永久に稼げるようなものとして紹介したり。こういうのが詐欺だと個人的に思います。

じゃあ、金森はここらへんについてどう考えてるのか?って話を少しします。

僕は基本的に何をやって稼いでもいいと思っています。

転売やってもいいし、アフィリエイトやってもいいし、投資やってもいい。(極論言えば特殊詐欺だってやりたきゃやりゃいい。)

でも大事なのは、その稼ぎ方が自分に合っているのかどうか、というところ。稼ぎ方の特性が自分に合っているかどうか、です。

例えば転売のように商品を探して売って金を稼ぐ、この流れが自分に合ってるのであれば転売が良いと思います。

この流れが嫌いで自分に合わない、ということであれば無理に転売をやる必要はないのかなと思います。

稼ぎ方、って本当に色々あります。ネットビジネス、って狭い世界でも沢山の稼ぎ方がある。

転売ですら、無在庫転売、せどり、輸出、中国輸入、色々あります。

アフィリエイトだって、サイトアフィリやPPCアフィリ、トレンドアフィリのように色々ある。

結局その中で、自分がどの稼ぎ方を選択してどのように活用していくか、これに尽きます。

なので僕は、お会いした人には稼ぎ方に関わってくることを可能な限り全て話します。

転売の良いところ、悪いところ

アフィリエイトの良いところ、悪いところ

投資の良いところ、悪いところ

僕が分からないところに関してはその筋のプロフェッショナルを紹介します。そんで、それを踏まえて現実を見せてからコンサルなり、塾なりに入ってもらいます。

ぶっちゃけた話、ネットビジネスで稼ぐ!ということで高額塾に入る・コンサルを受ける=稼げる、ってのは大きな間違いです。

塾入っただけで稼げるなら苦労なんかしねーっす。はい。

大学進学のために学習塾に行ったとしましょう。学習塾へ入塾=大学進学が約束される、ってことはありえないですよね?

学習塾に入って、その環境で勉強を必死に頑張る。それで初めて大学進学が見えてくる。

塾ってのは基本的に環境を提供するところです。自宅での学習、って環境じゃ大学に行けない人間が学習塾に行くわけです。

学習塾なら周りの人間が勉強しているし、勉強するための知識も手に入る。自宅学習では手に入らないそれらを求める人が行くところなんです。

つまり、その環境にいる実際にやる人間次第で結果ってのはいくらでも変わります。

だから僕はその「実際にやる人」にフォーカスをしてお話をするようにしています。

転売やりたい!って問い合わせしてきた人に「お前は転売やらずに○○やった方がいい」ってことも言います。

これって、僕の「収入」として見たら損です。だってそこで「転売やりたい!」って言う人に転売のコンサルなり、塾なりを提供した方がお金になります。

でもそれじゃあ、その人が幸せにならないんですよね。

行くべき環境じゃない。

その人にとってベストな環境が、自宅学習かもしれないし、学習塾かもしれない。

そこら辺の稼ぐことについては僕は普通の方よりも経験を積んでるので分かります。

もちろん僕よりレベルの高い人の事は分からないんですが、分かる人の事は分かります。

だから僕は素直に言います。お前は転売やらない方がいいよ、って。

そのおかげかどうか、僕はクレーム貰ったことがないです。ちゃんと最初に説明します。説明しない方が良いことも説明します。

まるっとまとめて納得してもらってから自分のコンテンツを購入してもらうようにしています。

詐欺師ってのはこの「目先の金で動いてしまう人」ですね。

2.詐欺師に騙されないために

これは僕の経験なんですが、きれいな言葉だけツラツラと書いている人は信用しない方が良いです。いや、自分がキレイ事以外にも言うから、キレイ事だけいう奴は怪しい、なんていう訳じゃないですよ。

これはあくまでも僕の経験上ってこと。

僕は今までかなりの金額を「自己投資」と呼ばれるものに投資をしてきました。田舎で家が一件建つんじゃねぇか、ってぐらい。

で、その僕の経験則からするとキレイ事しか言わない奴はまず信用しない方がいい。

・こんなに稼げるよ!

・絶対人生変わるよ!

・今やらないと絶対後悔するよ!

・このビジネスにデメリットなんかありません!

ま、こういった感じの謳い文句ですね。

大事なのは「But」を言えるかどうか、だと思います。

物事には必ず「But」が付きまといます。

めっちゃ綺麗な女だけど、性格が悪い

めっちゃ良い車だけど、高い

めっちゃいい宿だけど、予約が取れない

ほら、「だけど」=「But」が付くでしょ?Perfect!!なんてものはこの世にないです。

正直な話、「話したくないこと」だったり「自分にとって不利な事」というのは言わない方が商品が売れます。

だって、わざわざマイナスな面を話す必要なんかないんです。商品を売ることだけ考えたらね。

大事なのはそこをあえて悪い部分を言うことが出来るのか

悪い部分を言う、ということは商品だけを売っているんじゃなくて、「自分」を売っているってことです。

自分を売れる人間は、嘘を付く必要がないし嘘を付けません。

自分が商品だから。

だから僕が意識しているのはその商品を販売している人間を「人として信用できるかどうか」ってところです。

人として信用できない。でも商品に魅力がある。こういうものに金は出さない方が得策です。

そして次に僕が意識しているのは、自己責任の意識を持つ、ということです。

自己責任の意識を持つ、ってのはもし万が一詐欺にあってしまったとしても、それは100%自分の責任だと感じることです。

おいおい、そんなんじゃ詐欺の被害に遭えって言ってるもんか?と思うかもしれませんが、ハッキリ言ってこの世界から詐欺はなくなりません。絶対に。

じゃあ、どうするか?

結局のところ自分で詐欺師から身を守る必要があるわけです。で、自分を守るためには自分が成長しなきゃいけない。

金森さんが言ってたからこうしよう、○○さんが言ってたから大丈夫だ、いやいやあんたそれは違う。

誰が言ってたとか、こんなアドバイスを聞いたから、じゃなくてお前がどう感じてどう考えるか、です。

で、僕は自己責任の意識を持て、といいます。

例えば、投資詐欺に遭ったとします。

その詐欺に乗っかったのは自分でしょ?詐欺しようとして近づいてくる人も勿論悪い。これは絶対悪。

でも、その詐欺師に金を預けようって最終的に判断したのは「自分」です。別に詐欺師が無理やりあなたをぶん殴ってお金を持っていってしまったわけじゃない。

自分が判断して、お金を出して、そして騙された。悪いのは自分です。

詐欺師も悪いけど、自分も悪い。詐欺師を詐欺師と見抜けなかった自分が悪い。見抜く能力や脳みそが無かった自分が悪い。

こう考えることが出来れば、常に考える脳みそが成長するしし、危険なものに対して慎重になれます。

それが最終的に詐欺師から身を守るすべにもなるし、ビジネスなどを考える土台にもなります。

情報業界、って聞くと良いイメージは少ないです。詐欺師ばっかりだし胡散臭い情報も盛りだくさんだし。

僕も人によっては詐欺師に見えるかもしれない。所詮そんな業界なんです。

でも、本物って呼べる人は確かにいます。人として尊敬できるし、この人になら騙されてもいいや、って思えちゃう人がいるのも事実です。

情報業界と詐欺師、ちょっと闇が深い部分ですが自分の身に降りかかってくる問題かもしれません。

詐欺は勿論悪いことですが、そういった実情をしっかりと自分ベースに落とし込んで考えてみて下さい。

どうせなら自分のプラスになるような考え方を持った方が建設的だと思いませんか?

3.最近のネットビジネスと詐欺の話

ぶっちゃけた話、昨今じゃ詐欺は金になります。詐欺するのが金になるのではなく、詐欺師がいるから儲かる人が山ほどいます。

「○○塾 詐欺」とGoogleでもYahoo!でも検索してみてください。詐欺情報サイトが山のようにヒットしますよね?

こういった批判系のサイトが昨今滅茶滅茶増えています。中には真偽の確認を取っていないような情報を載せている情報サイトもあったりします。

僕が知っている批判サイトは、コンテンツ販売者からお金をもらう代わりに批判記事ではなく賞賛記事を書くところもあります。

こうやってネットビジネスと詐欺の情報を巧みに使ってお金を稼いでいる人が沢山います。

基本的に詐欺情報を調べる人はこういった批判系サイトを経由して「○○さんは詐欺だ!」「あの塾は詐欺だ!」と言っている人が99%だと思いますが、そういった簡単に周りの情報に流される人は頭のいい人に上手いこと利用されていることを早いところ自覚した方が建設的です。

あなたが詐欺だと思って色々検索しているそのアクセスをお金に変換している頭のいい人がいたり、詐欺を頑張って探している人に近寄ってきてお金を使わせようとする人も沢山います。

結局のところ、(ネットビジネスに限らず)商売なんてものは詐欺と紙一重みたいなもんです。(すっごく乱暴でごめんなさい)

元が数十円のものが数千円で売られていたりしますし、中にはTwitterの初期設定で数千円なんてお金を取る企業もあるぐらいです。

つまるところ、僕らは賢くならないと搾取される側から抜け出すことが出来ません。そしてネットビジネスの凄いところはまさに賢くなるべき人、現状搾取されている側の人間がこぞって参入してくる点。

いや僕自身元々搾取される側の人間でしたし、当時の自分なんか本当にバカだなーと思うことばかりですがまさに情弱と呼ばれる人がネットビジネスの世界に次から次へと参入してきます。

そして知らず知らずのうちにネットビジネスでもお金を搾取されて、ネットビジネスから離れていく。

ネットビジネスで稼げている人は全体の5%、なんて言いますが残りの95%は稼げてないというよりもただ頭を使えてないだけじゃないかと個人的に凄く思うわけです。

ネットビジネス=楽に稼げる、と思っている人がいればそれは大きな間違いです。勿論、他のどんなビジネスに比べても稼ぎやすいのは間違いありませんが正しい知識をしっかりと持って、正しい行動をすれば稼ぎやすい、というだけです。

このメディアでは副業とりわけネットビジネスに特化した情報を日々更新していますが、ネットビジネスに対する正しい知識と活用方法をしっかりと身に付けてもらいたいと切に願っています。

4.金森進之介は詐欺師なのか?

結局のところ、金森進之介が詐欺師かどうかはこの記事を読んでいる貴方自身に判断してもらうしかありません。

ただ、僕としてはこのネットビジネス・副業の世界で色々痛い目を見てきましたし、たくさんの人に騙されてきました。

失敗や騙された時にあったのは楽して稼ぎたいとか、卑しい気持ちの時でした。だからこそこれからネットビジネスを始めようとしている人、今現在取り組んでいて収益を大きくしたい人は、情報を正しく判断して、最大限自分で活用する力を身に付けてもらいたいと思っています。

ネットビジネスの魅力は、個人でも青天井の収入を狙えること今のライフスタイルを維持したまま収入を構築することが出来ること時間的経済的自由を最速最短で手に入れることが出来ること

でもその魅力の裏には、欠かすことのできない物事の捉え方やネットビジネス特有の特性を理解する力が絶対不可欠です。

今まで何の努力をしたことのない人間がネットビジネスを始めたからと言っていきなり人生を激変させることはできません。

ネットビジネスの世界で一生懸命頑張るからこそ、過去の自分は関係なしに大きな人生の変化を手に入れることが出来るものです。

詐欺師かどうかを判断するためには、まず自分自身が能力を身に付ける必要があります。周りの意見に右往左往するのではなく、間違いなく信じることが出来る自分の力を身に付けてください。

【無料】今すぐメルマガに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です