メルカリ転売を考える その1~メルカリの基本的な仕組みと仕入れ~

最近、注目が集まっているメルカリを活用した物販について考えてみたいと思います。  

メルカリ物販についての情報商材も出始めてきたのである程度メルカリについての知識も必要かと思います。

僕は、メルカリがここまで流行る前にメルカリを活用して、片手間に月に20万円近くを稼いだことがあるのでその経験も活かしてお話をしていきます。

1.メルカリの基本的な知識

まず、そもそもメルカリとはどういった物なのでしょうか?

メルカリってのはスマホで利用できるフリマアプリという位置づけです。

フリマ、と呼ばれるだけあって「簡単に気軽に不用品を販売できるよ」なんて感じで出品者を集めたり、購入者側には「欲しかったあの商品がすごく安く買えるよ!」とも宣伝もされています。

基本的な立ち位置としては「不用品を手軽に処分できるし、気になっていた商品を安く買えるかもね」って感じのアプリになります。

もともとスマホ向けのフリマアプリはメルカリ以外にもあります。

Origami、というアプリもありますがフリマアプリの中で最もユーザーが多いのはこのメルカリです。

利用者層についてですがメルカリはダントツで女性ユーザーが多い傾向にあります。

また、年齢層については 10代~30代までのユーザーが多い、というデータがあります。

ネット物販のメインの販路となるAmazonやヤフオクは 男性ユーザーが多く、年齢層としては30代以降が多いので 新しいネット物販の客層を持つ販売プラットフォームである、 と覚えておきましょう。

また、特徴としてですがユーザーが未熟で ヤフオクなどのようなユーザーが成熟した場所に比べるとマナーなどが悪い傾向にあります。

出品されている商品についても適正な値段設定がされていない商品や商品状態が意図して隠された商品などもよく出ています。

2.メルカリ物販で稼ぐことは出来るのか?

メルカリを活用したメルカリ物販で稼ぐことはできるのでしょうか?

先に答えを言うとメルカリだけでは難しいと現状は言わざるを得ません。

これは、メルカリが持つ特徴であったりメルカリを利用するにあたっての制限などがあるからです。

既に存在するプラットフォームを活用して稼ぐ、となった場合そのプラットフォームの特徴と物販そのものの特徴をしっかりと理解する必要があります。

これを理解せずに「メルカリで稼ぐぞ!」というのは正直なところ難しいです。

しかしメルカリを活用して稼ぐことは十二分に可能ですのでどうやって活用すればいいのかをお話しましょう。

3.メルカリにおける仕入れについて

メルカリ物販には二つの要素があります。

仕入れ・販売 の2つです。

この2つの要素のうち、どちらでもってメルカリを活用するのか、メルカリで稼ぐのか、をしっかりと理解しておかなければいけません。

まずは、仕入れについてのお話です。

メルカリで仕入れをする場合、メリットとデメリットがあります。

3-1.メリット

①Amazonやヤフオクと比べ、同じ商品でも安く出品されていることがある

メルカリはユーザー層が未熟で商品の相場を分かっていない利用者も多いです。

Amazonやヤフオクよりもかなり安い値段で商品を出品している出品者もちらほら見かけます。

そういった商品をしっかりと仕入れることができれば、大きな利益を得ることが可能でしょう。

②価格交渉をすることができる

メルカリでは出品者に対し商品ページ上でやりとりをすることが出来ます。

特に多いのが価格交渉です。〇〇円ならすぐに買います!とか ○○円で送料込なら買います!とかそういった類のやり取りが頻繁に行われています。

これを有効活用することができれば、より安く商品を仕入れることができるでしょう。

3-2.デメリット  

①安定した仕入れが見込めない

あくまでメルカリは「フリマアプリ」です。 利用者もヤフオクやAmazonに比べると少ないと言わざるを得ません。

そんな中、安定した商品の仕入れは難しいでしょう。

②スムーズな取引ができるかに疑問

メルカリはまだまだ未熟なプラットフォームです。

ヤフオクなどでは商品の梱包発送については気をつけるべきとの一般的なマナーが浸透していますが、メルカリでそれを望むのは難しいかもしれません。

③基本的にスマホからしか操作できない

メルカリはあくまでスマホアプリです。

スマホアプリなので基本的な操作はスマホで行います。

スマホで操作を行う、ということはパソコンでの操作に比べて遅く入力等に時間がかかります

これも一つのデメリットと言ってもいいですね。

④商品リサーチに不向き

これが最大のデメリットと言っていいでしょう。

ネット物販をやる上で基本となる考え方は「売れる物を仕入れて売る」ということです。

仕入れたいのに売れない、というのは赤字につながります。ですので、仕入れる商品は基本的に売れる商品でなければいけません。

メルカリでは、販売履歴などをリサーチするツールやサイトが現在ではないので、それを知るには時間がかかります。

メルカリでは取引が完了した商品についても商品検索の結果に出てきます。

その検索結果を参考にすれば どんな商品が、大体どれぐらい売れたかを確認することができますがとても効率が悪いです。  

ですのでネット物販で安定して稼ぐにはメルカリの現在の状態はデメリットでしかないと言えるでしょう。

これらが メルカリのメリットとデメリットです。

これをしっかりと理解しておきましょう。

メルカリ仕入れにおける考察

メルカリで商品を仕入れる場合、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。

また、基本的に出品されている商品は 国内のものが多いでしょう。(まだまだ並行輸入品をメルカリで販売して稼ぐ、というセラーは少ないですからね)

ですので、メルカリで仕入れを行う場合はあらかた仕入れをしたい商品の目星を付けておいて定期的に検索をするといいでしょう。

ただし、ハイブランド品は避けておいた方が良さそうです。

電化製品、コミックス、ゲームソフト、こういったジャンルのものなら比較的安心して取引をすることが出来ると思います。

メルカリはあくまでも「補助的な仕入先」としてメインの仕入先はeBayや海外のAmazon、中国輸入であればタオバオやアリババなどで行うというのがスマートで綺麗な方法かな、と思います。

 次回は、メルカリでの販売についての記事を書きたいと思います。

また、メルカリでの物販ついて動画を撮影してあります。

再生回数も多く、非常に人気の動画ですので これを機会に一度見てみてください。

具体的な数値などを提示して解説しているので参考になるかと思うので時間があれば確認してみてくださいね。

【無料】今すぐメルマガに登録する

3 件のコメント

  • こんにちは。記事を拝見させていただきました。転売にあたって、古物商許可を受けていると思われますが、メルカリやヤフオクで仕入れた際、売主の本人確認(住所、氏名、年齢、職業)をされていますか?また、古物台帳には記載されていますか?せどり紹介系のサイトは多数ありま
    すが、ここについて触れているサイトがないので、気になりました。参考にしたいです。

    • 僕は基本的に輸入転売であり、古物商は必要のない取引を行っています。

      古物商の要件については警視庁のHPに記載がありますのでご確認ください。
      →古物商の要件について

      また、ヤフオク・メルカリ等での仕入れに関しては「非対面取引における確認の方法」が対象となります。
      →非対面における確認の方法を確認する

      実際に確認をしてみると、結構面倒です(苦笑)

      僕は古物商がいらない取引方法で転売を行っているため、実際に自分自身でやったことはないのですが、せどり、国内転売をする場合は手間がかかりそうです。
      しかし実際のところやっていない方の方が多いと思います笑

  • こんにちは、はじめまして。
    出産を機に主人の田舎に引越しました。
    乳児がいることと、田舎なのであまり仕事もないため輸入転売をしようと考えております。
    具体的には海外のAmazonでベビー服を仕入れて、ヤフオクやメルカリで転売しようと思っています。主人の扶養内でやっていきたいので月5-6万稼げたらいいな、という程度です。
    そこで心配しているのが関税です。個人使用での関税優遇を受けて転売、は違法だと見ました。Amazonだと事前に関税がとられて、かからなかった場合は後から戻ってくる…というシステムのようですが、はじめから商用目的での輸入は出来るのでしょうか?それとも海外Amazonからの輸入自体がグレーなのでしょうか…?
    やるからには法律にビクビクすることなく堂々とやっていきたいので…
    調べてもなかなか解説してある記事が出てこないのでお時間のある時にでもご教示いただけると嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です