通関保留のEMSはどーすればいい?原因と対策・解決法まとめ

海外から商品を輸入する際に活用するEMSですが、そのEMSを追跡してみると「通関保留」の文字が・・・

始めてこの状態になった人は慌ててしまうものですが、通関保留の理由はケースバイケースです。

まずは慌てることなく、やるべきことをすればいいだけ。

どうして通関保留になってしまうのか?

ならないようにはどうすればいいのか?

なってしまった場合の対策はどうすればいいのか?

通関保留状態の正しい知識と対策を身に付けて心配することなく海外から商品を輸入しましょう!

1.通関保留中とは?

上の画像、実際にEMSを追跡した時の画像です。左側から、日時EMSの状態どこの郵便局(税関)での取り扱いか商品の所在地、の順にEMSの状態を確認することが出来ます。

EMSの追跡は日本郵便のページにEMS番号を入力すると確認できますEMS配達状況の確認ページ

左から2番目に注目してください。

国際交換局に到着→通関手続き中→通関手続き中→通関手続き中→税関から通知書発送済み→通関保留中

とEMSの状態が変わり、最終的に通関保留中となっています。

この「通関保留中」というのは、海外から輸入した製品が税関で止められている状態。つまり、通関保留中のままでは自分の手元に商品が到着しません。

2.通関保留中になる原因

通関保留中、になってしまうのは2つの理由があります。

2-1.関税関連の手続きが出来ない場合

これは海外から輸入された製品に対し日本の関税をかける際に、その関税を正確にかけることが出来ないために税関で通関保留となっている状態です。

EMSで送られてきた製品が一体どういうものか、海外でいくらで購入したかなどの関税をかける際に必要となる情報が不明瞭の時に起こります。

2-2.EMSの抜き打ちチェックを受けた場合

EMSの中身を税関が抜き打ちでチェックした結果、EMSの中身が日本国内では違法となる模倣品等の商品の可能性がある時も通関保留となります。

税関では商品の真贋を確定することはできないため、必要な手続きを踏んだ後に通関保留が解除される状態です。

3.通関保留中の解決法は?

通関保留中を解除して、自分の手元に商品を送り届けてもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

通関保留になってしまった原因によって解決法が異なります。

3-1.関税関連の手続きが出来ない場合

関税関連の手続きが取れずに通関保留中になってしまった場合は、主にEMSの関税を明確にする対策、を取る必要があります。

まず関税関連を理由に通関保留中になった場合は、税関から「EMSの中身をハッキリさせてね」との連絡が来ます。

筆者は自分から税関に問い合わせたので、実際の書類を確認したことはありませんが概ね以下の内容を明確にすれば大丈夫です。

・品目(どういった製品なのか)

・個数(EMSの中に製品が複数入ってるのかどうか)

・購入時の金額

この3点を税関に提出すれば、税関手続きを進めてくれます。提出時の書式は大まかに決まってはいますが、領収書の提出は不要です。

「提出が不要」と書くと少し語弊がありますが、海外からEMSを送付する場合、手元に領収書がないことの方が多いため税関に「領収書が手元にありません」と伝えると、自分で書類をWordなどで作成すればOK、なんて感じでゆるーく対応してくれます。

3-2.抜き打ちチェックで通関保留になった場合

EMSの抜き打ちチェックでEMS内の製品が模倣品の疑いがある場合は数日内に税関から「認定手続き開始通知書」と呼ばれる書類がEMSの送付先に届きます。

これは

「あなたの輸入した商品に模倣品の疑いがありますよ。日本の法律では商売目的や流布目的で模倣品を購入・保持するのは法律違反です。今回のEMSの中身がそれに該当するかどうかの確認をするので協力してください」

という旨の書類になります。

 

例えブランド品の模倣品であっても個人での使用目的であれば法的には購入・輸入は問題ありません。あくまでも「商用目的」「流布目的」の場合に、模倣品は刑事罰の対象となります。

不正競争防止法、商標法、に触れます。

そのため、模倣品の疑いのある製品が個人利用目的で輸入したものなのか、それともそうではないのか白黒ハッキリさせるための書類だと思っておきましょう。

認定手続き開始通知書が届いて必要事項を記入してから税関に書類を送付すると、模倣品の疑いがある先の権利者(ブランド権利者)と模倣品を購入した貴方の意見を税関が確認します。

それを踏まえたうえで税関を通すかどうかの判断が下される流れになります。

 

税関は模倣品の疑いのある製品の真贋を正確に判断できるわけではありません。(多少の判断はできるみたい)

最終的な判断はブランド権利者にしかできないので、税関の判断で模倣品をいきなり没収することはありません

税関を通す判断がされればEMSは手元に届きますし、税関を通すことが出来ない場合はEMSの没収・滅却処分となります。

ワシントン条約や銃刀法などの国内法規に触れる可能性がある場合も通関保留となります

 

 

3-3.模倣品疑いのある場合でも通関保留を回避できる?

基本的に模倣品疑いがあるために通関保留となるのは、税関の抜き打ちチェックによりけりです。

模倣品を何かしらの理由で輸入した場合は抜き打ちチェックをされるかどうかで通関保留になるかならないかが決まります。

しかし、中国から模倣品をEMSで送付する際に輸入代行業者によっては抜き打ちチェックをされないように商品名などを変えたり、梱包方法に細工をする業者もあるそうです。

悪用はしないようにしておきましょうね。

4.通関保留になった際にやるべきこと

実際に通関保留になってしまった場合に(正当な自由での通関保留)、何をすればいいのでしょうか。

しっかりとした対策方法を知っておけば通関保留は何も怖くありません。ここでは「可能な限り通関保留を早く解除するため」に必要な方法を紹介します

4-1.追跡番号を控えて電話する

まずは通関保留になったEMSの追跡番号を控えて東京外遊出張所に電話しましょう。正確には東京外遊出張所通関第1部門(通関担当)です。

東京外遊出張所通関第1部門:TEL 03-5665-3759 (ホームページはこちら

通常であれば、荷受け商品に問題があって通関保留になると「通知書番号」が必要になります。(通関保留の旨が税関から書類で届いた際の通知書の番号です)

こちらの部署に直接電話するとEMSの追跡番号で対応してくれちゃうので、かなり話が早く進みます。

4-2.通関保留の原因を確認する

EMS追跡番号を担当部署に伝えたら、次に「通関保留の原因の確認」をしましょう。

国内への持ち込みがそもそも禁止されている商品なのか関税関連で通関保留になっているのか模倣品の疑いがかけられているのか、その原因を確認し対応方法を聞きましょう。

通関保留の原因は通知書に記載される内容になるので、電話口でも本人確認が出来れば教えてくれます。

4-3.通知書番号を確認し、対応する

通関保留の原因を確認したら『通知書番号』を教えてもらって控えておきましょう。

これから実際に通関保留解決のために動く必要がありますが、どんな場面でも通知書番号が必要になるので必ず聞いておきます。

 

通常は、通関保留の解除をするために次の流れとなります。

1.税関にEMSが到着→2.通関保留になる→3.税関による通知書の作成→4.通知書の到着→5.通知書への記入、返送→6.税関による通知書の確認

通常の流れを踏襲する場合、非常に時間がかかるためいち早く商品を手元に届けたい場合は自分で電話して対応した方が早いです。

 

通知書番号を確認したら電話で確認した対応方法を実際に行なって、通関保留を解除してもらいます。

関税関連であれば商品の価格や個数、購入金額を書類を作ってFAXすればいいですし、その他の場合も担当者に聞けば対応方法を教えてくれます。

自分で電話して通関保留の対応をすると早ければ当日中に通関保留を解除してもらうことも出来るので、自分からガンガン確認した方がいいです。

5.通関保留にならないための対策とは?

通関保留になったとしても、しっかりとした対応をすればよほどのことがない限り手元に商品が届かない、なんてことはありません。

しかし実際に通関保留になると手続きが面倒だったり、書類作成に時間を取られたりとなかなか面倒です笑

そのため、まずは通関保留にならないための対策を予め取っておくことがとても重要です。特に転売で月数十万円~数百万円を稼ぎたいと思っている人。

どんな対策が出来るのかを確認してください。

5-1.商品に関する詳細情報を書類にちゃんと記載する

EMSで輸入をする際、EMSの箱に書類が貼ってあります。これは発送元(輸入元)が税関を通す際に必要な書類を張ってくれてるものです。

その書類に商品品目、商品価格、商品個数、などをしっかりと書いてもらっておきましょう。

ここをしっかりと書いてあれば関税関連で通関保留になることがなくなるので対策が立てやすいです。

しかし、これは相手方にお願いをするしかないので可能であれば輸入する際にその旨をちゃんと伝える必要がありますね。

5-2.模倣品の輸入は完全自己責任で!

通関保留になるケースの8割は何かしらの法律違反に触れる可能性がある場合。そして大半は模倣品の輸入です。

中国サイトなどで気軽に模倣品が買えてしまう時代なので、何の知識もない個人が模倣品を気軽に購入しています。

模倣品の販売で逮捕された、なんてニュースもしょっちゅうやってます。そういった場合、模倣品を仕入れることのリスクをしっかりと確認しておきましょう。

6.まとめ

EMSが通関保留になる原因と対策、解決法はそこまで難しいものではありません。

しかし、自分の輸入したものが実際に通関保留になると焦ってしまうと思います。そのため、まずはしっかりとした知識を持っておきましょう。

最後にこちらの記事でもEMSのステータスについてや対策について詳細までまとめているので確認してみてください。

これで完璧!EMSの通関保留、EMSのステータス必読まとめ

 

【無料】今すぐメルマガに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です