第41回 Amazon物販にFBAは不可欠

ここ3回に渡って、Amazonの評価についての記事を更新してきました。

※記事を読んでいない方はバックナンバーの確認を是非

とりわけ、僕が皆さんに読んでほしいのはこちらの記事です

Amazonの配送サービスであるFBAでの評価についての記事ですね。

評価の面でもFBAはかなり優位な立場になれるサービスでもあります。

その他にも以下のようなメリットがあります。

・商品が売れた時の梱包・発送作業が不要になる

・商品代金の集金・返金作業などが不要になる

・お客様からの連絡(発送関連)への連絡をしなくて良い

ぱっとこんな感じですが、何よりも梱包・発送作業を自分でやらなくて良いというのはかなり大きいですよね。

ヤフオクをされたことがある人は分かると思いますが、ヤフオクの場合だと取引は以下の通りになります。

①商品の画像等を撮影し、出品する

②商品が落札される

③商品の入金方法、入金先などを連絡する

④落札者からの入金を確認する

⑤商品を梱包・発送する

⑥評価等を行う

①~⑥までの一連の作業をすることになるのですが、この商品の梱包・発送作業というのは手間です。

何よりも個人間での取引の場合、商品の梱包には気を遣う必要があります。

皆さんもオークションで落札した商品が送られてきたときに、梱包が適当だったら評価を下げたくなりませんか??

オークションの場合は

「まぁ、出品者も個人だから・・・」

で済む場合もありますが、Amazonを利用しているとそういうわけにもいきません。

Amazonで買い物をされる方というのは

「Amazonに出品している人はみんなプロだ」

と思っている節があります。

ですので、Amazonだとただでさえ面倒な梱包作業をより一層気を付けなければならないわけです。

月に数個の商品を販売する場合なら、気を使って行うのも苦になりませんが

数百個や数千個の商品を月に販売するとなると、それだけで重労働です。

そもそも、時間というのは有限ですよね。

ましてや、個人で輸入転売を行っている場合は一人での作業量も限界があります。

商品のリサーチもしなければならない。

売れなかった理由も研究しなければならない。

Amazon以外の販路も拡大していかなければならない。

時間なんていくらあっても足りないわけです。

FBAを利用すれば、手軽に

「時間を買う」

ことが出来るわけです。

FBAを利用する場合に必要となる費用としては

・ラベル代

・FBA倉庫への商品発送代金

・FBA手数料

ざっとこんなもんです。(インク代とか細かいものもありますが)

特に大まかなFBA手数料のイメージとしては

商品代金×0.25円

ぐらいがFBA手数料の費用ですね。

なので、1000円の商品を販売すると

多く見積もって300円くらいのFBA手数料がかかると思っていてください。

この300円の中には、お客様のもとへ商品を送る送料だったりも含まれているので

厳密にいうと出ていく費用は少なくなります。

※自分でお客様に商品を送ると送料750円。
Amazonからの送料としての入金額が340円。

すると、実際に自分の手出しは410円

なので、実際のところ費用なんて可愛いものなんですよね。

僕は別にFBAの回し者ではないのですが、どこからどうみてもメリットしかないので

Amazonで物販をやっている方は、とりあえずFBAを利用するところから始めてみてください。

作業効率が一気にあがりますし、それに比例して収入も上がります。

【無料】今すぐメルマガに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です