第30回~『自分の人生のかじ取りを自分でするために必要なこと』~

気づいたら今年もすでに4月・・・
子供が生まれるまで半年もないことに気が付いてしまいました。
月日の流れは本当に早い!
何かに没頭していると余計に早いですね(‘ω’)

さて、4月ってのはいろいろな節目でもありますね。
入学式だったり
新卒が新しく働き始める月だったり
はたまた花見で気分一新して仕事に頑張ろう!みたいに思ってみたり

県内のニュース番組を見ていたら
あるホテルグループの入社式の様子を放送していました。

そういえば、少し前にブラック企業についての記事を書いた気が・・・
(Facebookを確認してね)

ブラック企業について
経営者の目線だと
「んなもん辞めたらええねん」
労働者側の目線だと
「辞めたいけどやめられない」
みたいな感じで書いた記事です笑

思いのほか、反響があってビックリしました。

今現在、働いている会社がブラック企業だという自覚があるのに
会社を辞めることが出来ない人ってかなり多いと思います。
精神的な負担や、時間的な拘束、金銭面でのトラブルを抱えているにも
関わらず、です。
僕が以前勤めていた某会社では精神を病む人がとても多かったです。
精神を病んでしまう前にさっさと仕事を辞めてしまえばいいんですが
仕事を継続して、最終的には精神障害になって休職する人が多かったです。

なんでそんな事になってしまう前に
辞めることが出来なかったのでしょうか?
だいたい、今の時代は「職業選択の自由」が僕らにはあるわけです。
昔だと農民の子供は農民になるしかなかったり
商品の子供は商人になるしかない、って時代もありましたが
現代社会は自由に仕事を決めて、自由に仕事を変えることが出来ます。

これが今の社会の原理原則です。

こういうこと言うと
「その自由の通りに辞めたらどんなに楽か」
ってことを言われます。
そうやって思う人も多いでしょう

仕事を辞められない、という原因の一つに
「辞めたら次の会社に就職できないかもしれない」
という恐怖や不安があると思います。

就職するしないは置いたとしても
経済的に困窮してしまうのではないか
家族が困るんじゃないか
世間体的にどうなのか
など、様々な不安や恐怖が僕たちを支配しているわけです。

ここで、自分で稼ぐことができるスキルを持っていたらどうでしょう?
そういった経済的な恐怖や不安などを少しでも消せるわけです。

それってかなり大きな要因になりませんか?
「今の仕事を辞める」という決断をするために。

金森が仕事を辞めた時には
稼げる自信ってのは正直ありませんでしたが
「なんとかなるやろ!」という気持ちはありました。

自分でネットビジネスを学びながら、
農家や一般家庭を回って不用品を回収して
売りさばいていましたし笑

もちろん、一生自営で生活し続ける必要はこれっぽちも無いのですが
「会社を辞めても収入がゼロにならない」
ってのはとても大きいわけです。

新たな自分の人生の方向性を見つけるまで
自分の力だけで生活していくことができる。
そのまま会社を大きくしても良いし
新しく自分に合った会社を探しても良い。
そういう環境を作り出す能力ってのは
まさしく
「自分の人生のかじ取りを自分でする」
ために必要なスキルだと思います。
さらには「職業選択の自由」を自由に行使することが出来るようになります。

今の日本人は
学校を卒業したら厳しい就職戦争を勝ち抜いて会社に所属する、
会社に所属しないと生きていくことは出来ない、
という
ある種の洗脳状態になってしまっているわけです。
洗脳状態に気付いている人ですら
その状況を抜け出すことが出来ない。

全てのブラック企業と思われる企業が悪いとは思いません。
一生懸命仕事をしているけれど、業績が悪くて残業代が払えない、
人材確保が出来なくて、一人当たりの仕事の負担量が増えてしまう、
会社を良くしようとしているのに上手くいかない、
こんな会社だってあります。

でも、もし自分が窮地に追い込まれてしまうような可能性があるのなら、
やっぱり自分を一番に考えて行動をしてほしいと思っています。

ついでに言うと
あなたが今の仕事を辞めても人の代わりなんて腐るほどいます。
いきなり
「明日仕事辞めますわ!お疲れっした!」
はマズイですが、しっかりと労基に乗っ取って
辞める分にはまず問題はありません。

あなたじゃないとダメな仕事ってのは正直少ないんです。

裏を返せば
「誰でも出来る仕事を、たまたま、あなたがやっていただけ」
ってよりも
「自分の力で生きていく力を身につけて、あなたしか出来ない仕事」
を求めるのも悪くないと思います。

金森的にはこうやって
「自分の力で生きていくスキル」を周りの人たちに磨いて欲しいと思っています。
今運営しているLINEグループもその一環です。
勿論、コンサル生の方にはより上質な、一味違うスキルも提供しています。
まだまだ、大御所の方には及びませんが
少しずつでも周りの人間を幸せにできる人間になりたいと
努力している最中です。

【無料】今すぐメルマガに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です