第123回 Amazonの相乗り出品はのんびりやればいい

Amazonの相乗り出品で価格競争になったって、問題ないです。

 

→初めてブログを見る方はこちらを確認ください←

 

 

o0700030010780510523

 

ども!転売しんちゃんこと金森です。

 

Amazonをメインの販路にしている方から多く頂く質問の中に

 

『相乗り出品の商品が価格競争になってしまって利益が出ない』

 

というものがあります。Amazonで物販をしている方の多くが「相乗り出品」形式で商品を出品していることかと思います。相乗り出品でしたら、面倒な出品作業も非常に簡単ですし、多くの種類の商品を出品することが出来ます。

 

自分で商品登録をしようとすると、画像の準備、JANコード、色、種類、メーカー、商品名、などを考えて入力しなければいけません。とりわけ商品名に関してはその商品を購入しようとしているお客様にたいして求心力を持たせた商品名を考えなければいけませんからね。

 

そういったわけで、多くの人が相乗り出品形式で商品を出品しているわけですが多くの人が出品するからこそ価格競争は必ず発生します。メインカートを取得するために1円単位での値下げ競争。場合によってはメインカートを維持するために1日中在庫管理ページを監視しなければいけない、なんてこともあります。

 

oboreru2

 

 

価格競争に発展してしまうと思っていたよりも利益が出なかったり、管理が面倒になって新規の相乗り出品をためらってしまう、なんてことになってしまいます。けれども、実は相乗り出品の価格競争は、「ある考え方」を知っていると問題になりません。

 

 

 

その考え方とは

 

 

 

「価格競争が起きた商品はしばらくすると価格が元の水準に戻る」

 

というものです。

 

 

どういう事かと言うと、価格競争が起きた商品は出品している多くの出品者の利益が小さくなっていくわけです。Amazonなどが販売している商品に関しては、その大きな資本とメインカートの取得に関してAmazonは優遇されているので問題が無いのですが、一般の出品者は仕入れ価格にも限界がある。しばらくすると価格競争に疲弊した出品者はその商品の出品をしばらく控えるようになります。売っても薄利だし、手間だけかかる状態だから。これが続くとその商品の出品者数が減ります。

 

中には転売を諦めて販売そのものを辞めるセラーも出てくるわけです。そうすると、おおよそですが価格競争が起きてから2ヶ月~3ヶ月で出品者数の減少と販売価格が元の水準に戻る、という状況が起きます。

 

そうなれば、以前のような利益を安定して得ることが出来るわけです。出品者の数も減っているので上手い事メインカートも回る、ということです。

 

 

 

価格競争を乗り越える考え方は分かりましたね?

 

 

それでは、次は戦略面でこの価格競争の流れをどう乗り越えればいいのかを考えましょう。

 

 

question

 

 

僕がおススメする方法は

 

・季節的な商品と、ある程度安定した需要が見込める商品を組み合わせて販売する

 

という方法です。

 

 

商品には大まかに2つの種類があります。

 

「季節的な商品」と「安定した需要がある商品」

 

です。

 

季節的な商品、というのはクリスマス用品やハロウィン用品、プール用具、などのその季節によって大きく需要が見込める商品の事です。こういった商品をメインの販売時期の2ヶ月~3ヶ月ほど前から準備をして販売をすることでライバルが少ない状態から大きな販売量と利益を得ることが出来ます。なぜ、2ヶ月~3ヶ月も前から準備する必要があるかというと、その商品の需要が大きく見込める時期に仕入等を行うと価格競争のど真ん中に入ってしまうからです。ただ、気を付けなければいけないのがAmazonのランキング変動を確認するサイト(プライスチェック)などは遡って3カ月前までしかランキング変動を確認することができませんので、長期的に季節的な商品のランキングをチェックしておく必要があります。また、事前に準備する段階でもランキングの上位にいる、などの条件を満たしている商品を仕入れる、など商品の仕入れには注意が必要になります。販売に関してはその商品の需要がピークを迎える直前に全ての在庫を売り切る、というイメージでいましょう。

 

次に安定した需要がある商品とは、オフィス用品、おもちゃ、ベビー用品、CD、家電関係、PC用品、などの年中季節を問わずに買われるものです。特にこういった商品が価格競争になりやすいわけです。こういった商品に手を付けてタイミング悪く価格競争に巻き込まれると前述のように販売意欲を削がれて、利益も少なくなってしまう、なんて事態に陥ります。しかし、そこで臆することなく少し落ち着いて出品をつづけましょう。ライバルが価格競争で勝手に疲弊してくれます。そして販売価格が元の水準に戻るわけです。

 

この2つの商品を上手く組み合わせることで

 

「単発的な大きな利益」と「中長期で安定した利益」

 

を生むことが出来るわけです。

 

1年の中でどんな商品が季節的な商品なのか、安定した需要が見込める商品は何か、についてはしっかりとリサーチをする必要があるので、リサーチを繰り返してみてください。

 

やっぱり有名どころは「ハロウィン」「スノースポーツ」「マリンスポーツ」「クリスマス」といったところです。もちろん、他にも季節ごとに売れる商品ってのが存在します!

 

c8c39bd4af27ca606603c47400b3a18b0969277f1385913592

 

 

今回紹介した戦略は少し長期的な目線での戦略になります。どうしても商品を売りきって現金を作らなければいけない、なんてこともあると思います。

 

そういった場合は「商品仕入れのタイミング」と「ヤフオクなど他の販売プラットフォームの活用」をして、現金化などの問題に対処するようにしましょう。

価格競争に巻き込まれても、テンションを下げずに、しっかりと物販に取り組んでいきましょう!

では!

 

→メルマガ登録者に無料プレゼント動画をお渡ししています←

 

【無料】今すぐメルマガに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です