第26回 中国輸入、LINEを使って効率的に相手と交渉する

中国輸入をやるうえで初心者の方が気になるのは

中国人と中国語でやり取りをしなければならない

と言う点ですね。

英語なんかは何となく分かるけど
中国語なんかサッパリ分からない。

ってなっちゃいますよね。

中国輸入転売をやっていると

「金森さんは中国語ペラペラなんですか?」

なんてよく聞かれますが、そんなことないです。

ぶっちゃけ、大学時代に第2言語として中国語の授業を受講していましたが
ニーハオとシェイシェイぐらいしか分かりません。

授業の単位も何回も落としましたし笑

中国人とやり取りするときは、翻訳サイトを使います。

基本的に翻訳サイトで中国語を日本語に翻訳するだけで
十分な情報は把握できます。

まぁ、こういった作業すら面倒だ、というかたは
簡単にタオバオの商品を購入することが出来るチャイナマートなどを使えばいいですよ。

ただし、チャイナマートを利用すると
直接セラーさんから商品を購入するよりも手数料がかかってしまうので
個人的には直接セラーさんと交渉するのが一番だと思います。

交渉自体は慣れてしまえば非常に楽ですし、直接交渉することで
チャイナマートなどのサイトを通すよりも
かなり有益な情報を手にすることも出来ます。

例えば、ある特定のセラーと長期的に取引をしていると
相手から売れそうな商品の紹介をしてもらうことが出来ます。

「他の日本人はこんな物買ってるよ。金森さんも買わない?」

って感じです。

実際にその商品をリサーチしてみたら結構利益が上がる商品だった

なんてこともあります。

タオバオでのセラーさんは大体ショップページを持っています。

金森は取引をするセラーさんのショップページを一通り確認して
利益が上がりそうなものをチェックしますが、
ショップページに乗っていない商品を紹介してくれることもあります。

どうやら、セラーさんは工場で仕入れをしているみたいで
その工場の別ラインだったり、工場関係者から他の日本で売れている商品の情報を仕入れているみたいです。
そんで、言わばそのインサイダー的な情報を手に入れる事が出来るんですね。

少し話は逸れますが
中国人の国民性として

「一度仲良くなると家族のように接してくれる」

という国民性があります。

何も取引をしたことが無い状態ですと
中国人は非常に淡白なやり取りしかしてきません。

価格交渉についても、なかなか対応してくれない場合もあります。

しかしながら、長く取引を行い
お互いに信頼関係を構築することで、勝手にこちらのことを家族のように扱ってくれるようになります。

ネットでのやり取りですが、

「これはどう?

「これだけ買ったら前より安くするよ」

とこちらに有益な情報を相手方からどんどん提示してくれるようになります。

なので自分で直接交渉することで長期的なスパンで考えるとメリットが非常に多いですね。

話がそれましたが、このように交渉を行っていく際に面倒なのが文章でのやり取りですね。

どうしても

中国語⇔日本語

の翻訳作業が必要になります。

中国と日本の時差はさほど変わりませんが、可能な限り
中国人から連絡がきたら、即時返答をする形を取っていたいものですね。

とくに輸入転売は販売価格の上下があるので、旬な商品を旬のうちに販売したいわけです。

なので交渉についてはスピーディーに完結させる。

しかしながら、一日中パソコンの前に座っているわけにはいかないので
どうすれば良いのか、ということになります。

そこで金森が活用しているのはLINEです。

LINEには公式アカウントで

英語翻訳

中国語翻訳

韓国語翻訳

などをしてくれるアカウントがあります。

それをセラーである中国人と自分とのトークに参加させます。

そうすると自動的に

中国語を日本語に
日本語を中国語に

翻訳してくれるわけです。

LINEはスマホで出来るので外出先であろうが自宅にいようが
中国人と円滑なコミュニケーションが可能になります。

交渉は商品を仕入れる場合に必要な作業になりますが
可能な限りリサーチ自体に時間を割きたいのでこのように
交渉に使う時間を短縮していく努力が必要になります。

もし、中国人と直接交渉を機会がある方は
このようにLINEを活用して中国人とやり取りをすることをおススメします。

【無料】今すぐメルマガに登録する

2 件のコメント

  • 金森さん
    中国で ラインは かなり 繋がりにくいですが その辺りは どうなんでしょうか?            

    • >>岸仲さん

      コメントありがとうございます。
      この記事を書いたのが2014年2月のことです。当時は中国国内でもLINEが使用可能であり、問題ありませんでしたが現在、中国国内でのLINEの使用は制限されているみたいですね。
      ですのでそっくりそのままLINEを活用して中国人とやり取りするのは難しいと思います。
      僕自身もLINEを全然使っていません。

      僕はアリワンワンを使っていますね。

      LINEを活用できた時のように、何かしらのチャットツール(しかも翻訳機能が付いてるもの)が出てくるまでは若干やりとりがしづらいですね。

      しかし、これは仕方がないことだと思います。

      何かしらのアプリやツールが活用できるようならまた記事にしたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です